岐阜県の葬儀場メモワールでは、おもてなしの気持ちを大切に
皆様が安心して大切な方の最後の時を向かえられる様に
お手伝いさせていただいております。

2017.03.31

メモワール羽島 本日オープンいたしました!!

IMG_8326.JPG晴天には恵まれず残念でしたが、オープン開始後 たくさんの方が御来館下さいました。IMG_8349.JPG

IMG_8337.JPGIMG_8333.JPG館長として、とても嬉しい限りです♪♪

IMG_8332.JPGIMG_8341.JPGメモワール羽島は小規模葬・家族葬の専用式場で遺族の方が、ゆっくりと故人を送ることができる会館となっておりますし、家族葬に応じたプランを多種にご用意させていただいております。

IMG_8338.JPGIMG_8330.JPG専門スタッフが詳しく、お客様の御葬儀に対するご不安、ご心配にお答えさせていただきますのでご遠慮なくご相談ください!!

明日も10時より皆さまの御来館をお待ちしております♪♪

メモワール羽島館長  反中

2017.03.30

メモワール花園より

IMG_0427555.JPG花に囲まれた祭壇の中には、お母様の優しい笑顔のお写真

IMG_9288222.JPGどの写真を見てもその笑顔が輝いてみえます

IMG_9286744.JPGIMG_0449777.JPG写真を眺めながら思い出話しに花を咲かせ

式が執り行われました

IMG_9290333.JPG遥か彼方でも笑顔でいてくれると信じ

両手を合わせます

IMG_0461111.JPG二日間お疲れ様でございました

御身体ご自愛下さいませ

IMG_9292555.JPGディレクター 澤田 (左端)

2017.03.29

メモワール鷺山にてご葬儀のお手伝いをさせていただきました

01-20170328 -DSC_0294.JPG02-20170328 -DSC_0298.JPG皆様と紡がれた かけがえのない想い出の一こま一こま

03-20170328 -DSC_0297.JPG04-20170328 -DSC_0296.JPG05-20170328 -DSC_0315.JPG皆様に召し上がっていただいた出立ちのお料理
故人様にもお供えさせていただきました

06-20170328 -DSC_0303.JPGお忙しい中ご会葬いただきました皆様へ
感謝の思いを込めて07-20170328 -DSC_0320.JPGご遺族様には大変お疲れになった事かと存じます

08-20170328 -DSC_0305.JPG

個人様が赴きし彼の地にて安らかに憩われますようお念じ申し上げます

     ディレクター  住野

2017.03.28

メモワール川島にて通夜、葬儀がいとなまれました

6465161651.jpg346465166465.jpg98466161656.jpg1498465465646.jpg思い出のお写真を飾ったり、お好きだったタイ焼きなど

お気持ちを込めてお供えされました

3764546464654.jpg9844154455.jpg746546664.jpg184156464564564.jpg綺麗な花々でお柩は囲まれ

当家様の想いをそえられました

769874616516.jpg4646464646465.jpg46544646544645.jpg194153546.jpg1948651665.jpg79456464165.jpg95161645665465.jpg4654156541351.jpg焼香にすすまれながら込み上げてくる想い

さみしさや、悲しさはございますが

感謝の気持ちと、言葉でその背を見送られました

85255415335.jpg当家様がお力落としなさらぬようメモワール社員一同

願っております。ご自愛下さいませ。

ディレクター 三島(左端)

2017.03.27

メモワール美濃にて通夜、葬儀がいとなまれました

1551645664.jpg74567412332.jpg9845165156154.jpg37894654445.jpg多くの方々がその尊きご生涯を偲び

参列されました

98415664513.jpg2346541656465.jpg35464167.jpg穏やかに式はすすめられ

それぞれの胸にたくさんの思い出が溢れました

34654167456566.jpg37654519946.jpg346444949449.jpg当日は初七日法要までいとなまれ

ご親戚の皆様が最後まで寄り添われました

74844464545656.jpg大変お疲れ様でございました

お力落としなさらぬよう願っております

ディレクター 三島(左端)

2017.03.26

メモワール川島にて ご葬儀のお手伝いをさせていただきました

ina01_convert_20170326205617.jpgina03.jpgina02.jpgお通夜の数時間前 沈丁花が香る風の中ご自宅を出棺されました

ina04_convert_20170326210040.jpgina05_convert_20170326210058.jpg祭壇ステージに乗り切らない程の果物

ina06_convert_20170326210115.jpgina07_convert_20170326210131.jpgina08_convert_20170326210151.jpgina09_convert_20170326210214.jpg式場左右の壁はお供えの 花でいっぱいになりました

ina10_convert_20170326210508.jpgお孫さんが習字を書かれたので繋ぎ お柩の上に添えさせていただきました

ina11_convert_20170326210526.jpgかわいらしい折り紙や お手紙を皆さんでお柩に入れられました 初七日法要を済まされ大勢で精進落としを召し上がりました

ina12_convert_20170326210545.jpgina13_convert_20170326210603.jpg皆様 大変お疲れ様でございましたお身体 ご自愛くださいませ

ディレクター  近藤  (左端)

2017.03.25

メモワール三輪より

IMG_9279.JPG母の背におぶわれた懐かしい日

背中越しに伝わってきたのは優しさ

IMG_9256.JPGいつのときも大きな愛の懐で包み込んでくれたそう

IMG_9257.JPG皆に心配をかけまいと眼差しはたえず前だけを見据えていました

IMG_9265.JPGIMG_9267.JPGもっと一緒にいたかったと別れが悔やまれますが

家族の幸せを何よりも願ってくれていたお母様が安心できるよう

IMG_9276.JPG前を向いて歩んでいくと誓います

IMG_9283.JPG二日間お疲れ様でございました

お身体ご自愛下さいませ

IMG_9285.JPGディレクター 澤田 (左端)

2017.03.25

メモワール花園より

1aaa.JPGどんな時も穏やかで、家族を温かく包んでくれた故人様。

2aaa.JPG「キャッチボールやスキーを一緒にしたりと、沢山の思い出を作ってもらいました」と、喪主様。

4aaa.JPG皆が感謝の想いでお見送りをし、

3aaa.JPG別れを惜しみました。

5aaa.JPG6aaa.JPG喪主様、2日間お世話になり、ありがとうございました。故人様が安らかにとお念じ申し上げます。

7aaa.JPGディレクター 飯田(左)

2017.03.24

メモワール美濃にてご葬儀のお手伝いをさせていただきました

01-0323 IMG_0329.JPG02-0323 IMG_0367.JPG故人様と皆様をつなぐ
想い出の数々をかみしめて

03-0323 IMG_0364.JPG04-0323 IMG_0338.JPGお忙しい中ご会葬を頂きました皆様に心から感謝こめて

05-0323 IMG_0382.JPGご遺族の皆様には2日間
大変お疲れになった事かと存じます

06-0323 DSC_0304.JPG

故人様が赴きし彼の地にて安らかに
憩われます様お念じ申し上げます

     ディレクター  住野

2017.03.23

メモワール各務原にて 通夜、葬儀のお手伝いをさせていただきました

k.yutakasama01.JPGやわらかな風が吹く中のご出棺でした

k.yutakasama02.JPGk.yutakasama03.JPG飾られた祭壇は春らしく山桜が添えられました

k.yutakasama04.JPGk.yutakasama05.jpg目がご不自由になりながらも 一家の大黒柱として奮闘され 家族の幸せを誰より願っておられました そんな故人様をイメージしお名前入りの詩をつくらせていただきました

k.yutakasama06.JPGk.yutakasama07.JPGお別れにお好きだったものが沢山お棺に入れられました

k.yutakasama08.JPGk.yutakasama09.JPGk.yutakasama10.JPG遠く離れても きっとあたたかく見守られることでしょう 

ディレクター  近藤  (左端)

2017.03.22

メモワール花園にて通夜、葬儀がいとなまれました

35465164564.jpg165465111631.jpg67654156465.jpg32165416524.jpg348465445646.jpg多くの皆様がその尊きご生涯を偲び

寄り添い過ごされました

35498465465546.jpg346516546546.jpg324515415332.jpg324651565415.jpg67651556465.jpgあたたかな時を過ごされながら

思い出すのは あなたがしてくれたことばかり...

354641665456.jpgさみしい想いはありますが

感謝の言葉でその背を見送られたご家族様

どうかご自愛くださいませ

ディレクター 三島(右端)

2017.03.21

メモワール関にて・・・

DSC_4162.JPG「近所で赤ちゃんが生まれると、長寿にあやかりたいと抱っこをせがまれていたんですよ」

娘様がお話聞かせて下さいました。

20170320_190353382.jpgつつましく、誠実に生きてこられた吉二様。

DSC_4164.JPGDSC_4158.JPG御参列された全ての皆さまが、感謝の気持ちでお送りします。

20170320_191234212.jpgDSC_4167.JPG吉二様が毎日のように飲まれていた、板取のお水。

私も飲ませて頂きました。

DSC_4165.JPG皆さま、二日間大変お疲れ様でございました。

どうかお身体ご自愛くださいませ。

ディレクター布俣(右側)鶴田(左側)

2017.03.21

miyagawa1.jpgメモワール山県より

miyagawa4.jpgご自身の時間を作るより、家族の為に働き貫いた故人様・・・

miyagawa3.jpg御遺影写真は、お孫様が揃われて嬉しそうなお顔をされているお写真を使わせていただきました。

miyagawa5.jpgmiyagawa6.jpgmiyagawa7.jpgmiyagawa8.jpgmiyagawa9.jpgmiyagawa11.jpgお寺様とも関わりが深く、境内のびわの木を杖として頂戴しました。

miyagawa12.jpgmiyagawa13.jpgお寺様の鄭重なお勤めを賜わり、

皆さまからのお心込められた御焼香をいただきました。

miyagawa14.jpg御当家の皆さまにおかれましては、大変お力落としのことと存じます。

お疲れがでませんよう、お身体ご自愛くださいませ。

ディレクター鈴木

2017.03.20

メモワール各務原にて ご葬儀のお手伝いをさせていただきました

kura01_convert_20170320213301.jpgkura03_convert_20170320213341.jpg故人を偲び、会社関係 ご友人が多数お参りに来られました

kura02_convert_20170320213321.jpg交友関係が幅広くまた深かった故人様に お供えの花が寄せられました

kura04_convert_20170320213401.jpgkura05_convert_20170320213418.jpgkura06_convert_20170320213437.jpgお友達だけでなく ご家族も大切になさいました お預かりしたお写真はどれも皆に囲まれた賑やかなものばかりでした

kura07_convert_20170320213454.jpg同級生の方が持って来られた卒業アルバムをご会葬の方が時間をかけてご覧になっていました

kura08_convert_20170320213512.jpgご葬儀が終わった後もご会葬の方はなかなか解散されませんでした お別れは寂しいことですが 故人様は満足され旅立たれたことと存じます ご家族様お身体ご自愛下さいませ

ディレクター  近藤  (左端)

2017.03.19

メモワール関にてご葬儀のお手伝いをさせて頂きました

0001-DSC_0294.JPGいつも人様のため ご家族の為に一生懸命に働き
限りない愛情を注いでこられました

0002-DSC_0300.JPG0003-DSC_0308.JPG皆様の心の中に残された
想い出の一こま一こまはいつまでも輝き続けます

0004-DSC_0297.JPG0005DSC_0307.JPGご家族様にはたいへんお疲れになった事かと存じます

0006-DSC_0302.JPG

故人様が赴きし彼の地にて安らかに憩われますようお念じ申し上げます

   ディレクター  住野

2017.03.18

メモワール山県より

IMG_9090.JPG昔ながらの頑固親父で厳格な父

それは「まっすぐ育て」と願う愛情表現IMG_9114.JPG厳しい中にも確かな優しさがあり

いつも「俺はいいで」と皆の事ばかり優先してくれていました

IMG_9139.JPG皆で話し合い仲良く暮らす事!

お父様がよく口にしていたそうです

IMG_9126.JPGこの言葉を噛み締め教えを胸に生きていきます

IMG_9247.JPG二日間お疲れ様でございました

お身体ご自愛下さいませ

1491043511004.jpgディレクター 澤田 (右端)

2017.03.18

メモワール笠松より

22225.jpg80歳の誕生日にお孫様からジーパンをプレゼントしてもらいそれがおじいちゃんにとってのジーパンデビュー。

12121.jpgお棺に眠る故人様の洋服は上下お孫様からのプレゼントの洋服でコーディネートされ、ばっちり決まっていました。

3335.jpg4445.jpgグランドゴルフを頑張っていたおじいちゃん

55565.jpg100人参加した大会で優勝したり、たくさんの成績を残してきました

66654.jpg最後に皆さまでおじいちゃんの好きなお酒を飲ませてあげました

77775.jpg88885.jpgきっと今頃は、ついこの間先だった奥様にお酌をしてもらいながら笑顔で夫婦仲良く皆さまを見守っていることと思います

9994.jpg当家様。お母さまとそしてお父様。

大事なご両親の最後のお手伝いできたこと心から嬉しく思って、感謝しています。

何かご心配なことがありましたらいつでもご連絡ください。

2日間お疲れ様でございました。

ディレクター 後藤(右)

2017.03.17

仕事一本。家族の為に頑張り続けた故人様

CIMG1491.JPG感謝のお気持ちでお送りした、温かなお葬儀でした。

CIMG1493.JPG頑固なおじいちゃんも、孫の前では優しいお顔・・・

沢山の想い出、決して忘れません。

CIMG1495.JPGCIMG1502.JPG御寺院様より、法名を頂きました。

CIMG1506.JPG以前、お寺の総代を務めていらっしゃった故人様。

御寺院様も、沢山お世話になったんだよ・・・と、教えて下さいました。

CIMG1511.JPGお心を込めてのご焼香いただきます。

1234.jpg喪主様。二日間大変お世話になりました。

お忙しい毎日かと思いますが、どうかお身体ご自愛下さい。

ディレクター布俣(左側)

2017.03.16

メモワール鵜沼より

1aIMG_6019.JPG大工として黙々と仕事に励み、家族を支えてきた故人様。

2aIMG_6026.JPG近親者の皆様で、その最期を見送りました。

3aIMG_6023.JPG是非にとご用意された苺や、一つ一つ真心を込めて折られた折り鶴。

4aIMG_6020.JPG喪主様からも、大好きなお酒をお供え。

5aIMG_6024.JPGお別れ酒とし、差し上げました。安らかな旅立ちでありますように・・・

6aIMG_6028.JPG喪主様、2日間お世話になり、ありがとうございました。故人様が安らかにとお念じ申し上げます。

7aIMG_6029.JPGディレクター 飯田(右)

2017.03.15

メモワール関から

ooobaaataaa1.jpgお花が好きなお母様

oobaaataaa2.jpg家でお花を育てたり、野花をつんだり。

ooobaaata3.jpgご家族様からお花が好きなお母さんへフラワーベットのプレゼント

obaaataaa4.jpgお花に囲まれて更に安らかなお顔になった気がしました。

ooobaaataa5.jpgooobaaartaa6.jpg想い出のお写真の中にはお母が詠った短歌も

P1000630.JPG沢山迷惑をかけ、沢山泣かせてきた。

ありがとうでは伝えきれない感謝の想いを喪主様が話されました。

ooobaaataa7.jpg

oobaaataa8.jpg最後まで家族を肌で感じ旅立たれたお母様。

ooobaaataa9.jpgきっと今頃沢山のお花が咲く場所で皆さまを見守っている事とと思います。

当家様二日間お疲れ様でございました。

お身体ご自愛下さい。

ディレクター 後藤(左)

2017.03.14

メモワール各務原より

1_convert_20170315201421.jpg働き者でいらした保之様。ご家族を守るために、汗を流し歩まれました。

2_convert_20170315201240.jpg

3_convert_20170315201004.jpg

4_convert_20170315201027.jpg

5_convert_20170315201047.jpg

6_convert_20170315201107.jpg感謝の心が込められた、喪主様のご焼香

7_convert_20170315201130.jpg想い出のアルバム・・・ご参列頂の皆さまにお偲びいただきました。

8_convert_20170315201150.jpg二日間お世話になりました。お疲れが出ませんよう お身体ご自愛くださいませ。

9_convert_20170315201213.jpgディレクター  髙木

2017.03.13

メモワール各務原より

IMG_9200.JPGとにかく優しい人で怒った顔など一度も見たことがないくらい

IMG_9201.JPG大黒柱として家族のために働いた現役時代

IMG_9205.JPGいつもそばにあった姿や家族ですごす日常

それが突然なくなってしまうなんて

IMG_9203.JPG別れはつらく残念で仕方ありません

けれどお父様の分まで生きていくという使命があります

IMG_9202.JPG感謝の意を伝えるとともに遠くから見守って欲しいと願うばかりです

IMG_9209.JPG二日間お疲れ様でございます

お身体ご自愛下さいませ

ディレクター 澤田 (左端)

2017.03.12

メモワール黒野にてご葬儀のお手伝いをさせて頂きました

01-DSC_0295.JPG02-DSC_0301.JPG一家の大黒柱として真面目ひとすじに家庭を守っていただけました

03-DSC_0298.JPG04-DSC_0305.JPG皆様に召し上がっていただいた出立ちのお料理
故人様にもお供えさせていただきました

05-DSC_0307.JPGご遺族様には大変お疲れになったことかと存じます

06-DSC_0309.JPG

故人様が赴きし彼の地にて安らかに憩われますようお念じ申し上げます

   ディレクター  住野

2017.03.11

家族葬庵 凪にてご葬儀のお手伝いをさせていただきました

koba01_convert_20170311230954.jpgkoba02_convert_20170311231016.jpg式場前方、また壁の端から端までお供え物が並びました

koba03_convert_20170311231032.jpgkoba04_convert_20170311231047.jpgkoba05_convert_20170311231104.jpg通夜 葬儀ともご親族が多くお参りされました

koba06_convert_20170311231118.jpgkoba07_convert_20170311231136.jpgkoba08_convert_20170311231152.jpgお別れの時間は たくさんのお花 お好きだったお菓子がお柩に入れられました 皆さん心を込められ見送られました

koba09_convert_20170311231209.jpgkoba10_convert_20170311231228.jpg寂しくなりますが これからはお空から皆様を見送られることでしょう お疲れ様でございました

ディレクター  近藤  (右端)

2017.03.10

メモワール各務原より

IMG_9187.JPG何気ない日常が一番幸せだったのは

母がいてくれたからこそ・・・

IMG_9192.JPG今になって存在の大きさに気づかされています

IMG_9193.JPGいつも優しく包み、心配しすぎるくらい気にかけてくれていました

IMG_9192.JPG着信履歴を見ると心配性だった母の名前が

つづいています

IMG_9189.JPG心配される歳でもないのにと思ってはいましたが

今振り返ると、いくつになっても母の子供

IMG_9185.JPG遠い彼方でも見守ってくれていることでしょう

心配かけないよう前を向いて歩んでいきます

IMG_9195.JPG二日間お疲れさまです

お体ご自愛下さいませ

ディレクター 澤田 (右端)

2017.03.09

メモワール関にて通夜、葬儀がいとなまれました

974566453653266465.jpg897456576546.jpg987456456.jpgゆかりの皆様が、最後まで在りし日を偲び

寄り添いその背を見送られました

6546547465465.jpg326465647846.jpg346515665456646.jpg4564564667654546.jpgたくさんの想い出や 伝えたい事がありますが

何より贈りたい言葉は「ありがとう」

656575645665.jpg654479465465454.jpg1654414454546.jpg16546414454564.jpg259456494545646.jpg164654697944984.jpg16465446543.jpg1654654676464.jpgさみしくはなりますが、多くを残してくれたその姿を胸に

明日への一歩を踏み出してゆくご遺族様

1674647647.jpgどうかご自愛下さいますよう、メモワール社員一同

心より願っております

ディレクター 三島(右端)

2017.03.08

kumaza1.jpgメモワール川島より

kumaza2.jpg懸命に家族を支え、守り抜いた芯の強い女性・・・。

kumaza3.jpg20年間、仏教婦人会の会長も務めていらっしゃいました。

kumaza4.jpgkumaza5.jpgそんな故人様に感謝の気持ちを込めて、

御通夜・葬儀共に皆さま、お寺様とご一緒に経本をご唱和されました。

kumaza6.jpgお棺には、お花と共に身に着けていたものと、感謝状が添えられ、

kumaza7.jpg最期に想い出のお写真をスライドで流させていただき、

皆さまにお別れを偲ばれつつも、弥陀の浄土へと赴かれました。

kumaza8.jpg生前に儀式を終え、賜わっていた法名でございます。

kumaza9.jpg一家を支えてくださった故人様。

これからもきっと、先に待つご家族様と皆さまの事を穏やかで優しい目で見守っていてくださること存じます。

ディレクター鈴木(右端)

2017.03.07

メモワール美濃会館より

osa1.jpgosa2.jpg大きな愛で家族を包み込んでくれた故人様・・・

osa9.jpgお通夜のご挨拶の際には、娘様の旦那様が

「本当の母親のように感じています」と、涙を堪えていらっしゃいました。

osa4.jpgosa5.jpgosa6.jpg御葬儀の際には、喪主でいらっしゃる息子様が、

お母様への感謝の想いを詩に託していらっしゃいました。

osa7.jpgお骨上げ、初七日を終え、

お帰りになる際には皆さま、故人様に手を合わせていらっしゃいました。

暖かな雰囲気に包まれ、故人様は旅立たれました。

osa8.jpgご当家、喪主様におかれましては大変お力落としの事と存じます。

どうかお疲れがでませんよう、まずはゆっくりお身体をお休みさせてくださいませ。

ディレクター鈴木(左端)

2017.03.06

ご家族との沢山の想い出を残して、御浄土へと旅立たれました。01.jpgいつでも家族の事を一番に考えてくれていました。

奥様が教えて下さいました。

主人の隣で過していたから、何をするにも楽しくできたのです、と。

02.jpg03.jpg厳粛な雰囲気の中御葬儀が執り行われました。

04.JPG遺影のお写真は皆さまお気に入りの一枚です。

06.JPG皆さまと一緒に出立ちの膳をお供えさせていただきます。

食い別れの儀。大切な儀式の一つです。05.JPG07.JPGこれからも、日出男様は奥様の事を見守ってくださる事でしょう。

二日間大変お疲れ様でございました。

お身体ご自愛下さいませ。

ディレクター布俣

2017.03.05

家族葬庵凪より

0012234.jpg母を花で例えるなら百合のようにりんとした花。

0034456.jpg着物が似合うお母様だったそうです

00223456.jpg優しくいつも家族を包み込んでくれたお母様

004445658.jpgマイペースなところもあったそうですが若かりし頃は娘様と一緒に百貨店をめぐる活気に溢れた一面も

0056655.jpg最後のお別れでは皆さまから沢山の花を入れていただきお母様の周りはお花でいっぱいに

00066474.jpg安らかに眠るお母様のお顔がより一層微笑んでいるように見えました。

0777511.jpg当家様二日間お疲れ様でございました。

お身体ご自愛下さい

ディレクター後藤(左)

2017.03.04

メモワール関にてご葬儀のお手伝いをさせて頂きました

01-DSC_0284-01.JPG02-DSC_0289-03.JPGご家族のために尽くし
温かな愛情で皆様を包み込んでくれた故人様

03-DSC_0292-04.JPG在りし日を振り返り浮かんでくる思い出の数々

04-DSC_0287-02.JPG皆様に召し上がっていただいた出立ちのお料理
故人様にもお供えさせていただきました

05-DSC_0295-05.JPGご家族様にはたいへんお疲れになった事かと存じます

06-DSC_0296-06.JPG

故人様が赴きし彼の地にて安らかに憩われますようお念じ申し上げます

   ディレクター  住野

2017.03.03

メモワール花園にて通夜、葬儀がいとなまれました

7894514846.jpg74515647456.jpg84651665456.jpg4669784566.jpg瞼に浮かぶ やさしい笑顔 なにげないしぐさ

そんな多くの思い出がさみしさを募らせます

9874656456.jpg9456164564516.jpg47564954641646.jpg想いを込てのご焼香に、ご会葬の皆様がすすまれ

そのお気持ちを伝えられました

98789415654564.jpg984651536454.jpg9784514644651.jpg89416544564.jpg897415445445646.jpgご会葬頂いた皆様方に

感謝の言葉を伝える喪主様

87456445646456.jpg32465461566456.jpg56494164984494.jpg79749465455.jpgこれからも家族寄り添い歩んでゆくことを誓われた 当家様

747456465465465.jpgご自愛下さいますようメモワール一同

心より願っております

ディレクター 三島(左端)

2017.03.02

メモワール各務原より

1.jpgのサムネイル画像

2.jpg株式会社アトムズと浅野家の合同葬が執り行われました。

故人様は現職時代2つの工場の立ち上げに貢献された方。

3.jpg定年後株式会社アトムズを立ち上げしました。

4.jpg最後までご自身で毎日のスケジュールを立てていました。

6.jpg沢山の皆様方に見送られ 故人様の人望が厚かったのがわかります。

あさの.jpg

喪主様、ご家族の皆様 二日間お疲れ様でございました。

今後分からない事があれば 何でもご相談ください。

ディレクター梶浦(左側)

2017.03.01

harao1.jpgメモワール山県より

harao2.jpgこつこつ真面目に仕事に取り組みながらも、

家族との時間をとても大切にしらっしゃった故人様・・・

harao3.jpg奥様と色んなところへ足を運んだときの、仲睦まじいお姿はたくさんのお写真に残っていました。

harao4.jpgharao5.jpgharao6.jpgharao7.jpgひ孫様も経本をしっかりと両手に持ち、一生懸命お寺様と御唱和されていらっしゃいました。

harao8.jpgお式の最後には、思い出のお写真をスライドショーにて流させていただきました。

harao9.jpgご当家の皆さまにおかれまして大変お力落としのことと存じます。

季節の変わり目、体調崩されませんようご自愛くださいませ。

ディレクター鈴木(左端)